【超簡単】サッカーボールの〇〇を見ればわかること

サッカーボールを選ぶ時何を選べばいいのか??悩んだりしてませんか?

サッカーボールのここを見ればわかります!

本記事では「これからサッカーボールを購入したいけど、どこをみればいいボールなのかを考えている」という方に向けて書いています。

これ検定球ではない!?など迷ったことありませんか!?

この記事を読むことで、サッカーがすぐに始められる、どんなボールがあるかがイメージできます。

何事にも始めるときは、何が必要で準備することが重要です。

それでは、本文にいってみましょう!!

サッカーボールの大きさと検定球について

サイズ周囲直径(目安)重さ対象年齢
5号球68~70cm22cm410~450g中学、高校、大学、一般
4号球63.5~66cm20.5cm350~390g小学生
3号球58~60cm19cm300~320g幼年、キッズ
フットサル
4号球
62~64cm20.5cm400~440g 中学、高校、大学、一般
フットサル
3号球
58~60cm19cm350~390g小学生

サッカーボールには検定球が2種類あります!

各サッカー協会やサッカー連盟が定める規格をクリアしたボールであるかがわかるのが検定マークになります!!

検定球ではないものはサインボールや鑑賞用や遊び用で使われるケースが多いです。

JFA認定球

日本国内で行われる試合においては、JFA(日本サッカー協会)の検定球を使用することが義務付けられています。少年サッカーの大会などにJFA検定球が使われます。

ボールの所に検定マークがプリントされているので見分けるのは簡単です。(JFA検定球もしくはJapan FootballAssociation Approvedと書かれています。)

FIFA認定球

FIFA(国際サッカー連盟)の認定球には、「FIFA Quality PRO」と「FIFA Quality」という2つの種類があります。JFA認定球よりも厳しい国際基準となるボールであり、厳しい基準に合格したものが「FIFA Quality」、さらに世界最高基準で厳しいテストを合格したものが「FIFA Quality PRO」です。 こちらはW杯や国際大会で使われるボールになります!!

ボールの作りと製法について 

サッカーボールにはさまざまな作り方があります。1つ1つ説明していきます。

ボールの縫い目を見れば判断ができるようになります。

①機械縫い製法

ミシンなどの機械で縫い合わせて製造されているボールになります。

公式球ではありません。ミシンで縫いあわせてるので、縫い目が均一で縫い目の距離が細かい、押すと皮が柔らかいので少し凹むのが特徴です!長持ちしにくい、変形しやすいです!           価格約2000円代 安価

おすすめな方は 幼稚園生、小学低学年、初心者、レクリエーション等で使う 個人で練習

②手縫い製法

一つ一つ手で編んでいる製法になります。  

公式認定球になります。縫い目の間隔がある程度均一になります。機械縫いと比べると間隔が広いのが特徴です。雨の日は縫い目の所に水が入り重くなります。機械縫いと比べて、押しても凹まない。  価格が約3000〜

おすすめの方は 小学生、中学生、高校生以上 手縫いボールあれば問題なしです。

③熱接合(サーマルボンディング製法)

表面のパネル同士を一枚一枚熱で圧着結合し、縫い目が全くない製法になります。

公式認定球になります。プロの試合ではこちらボールが使われます。真球性になり、縫い目がないためボールが飛びやすい。雨の日は縫い目がないため重くなりにくい。                  価格約6000円〜 相当高いです。

おすすめの方は、 全世代

フットサルのボールについて区別の仕方

フットサルのボールは実際みただけだと判断がつきにくいと思います。

フットサルのボールの中には化学繊維が入っており、サッカーボールと比べると弾みにくく、

小さくて重いという特徴があります。

これフットサルのボールなの!?って思ったら弾ましてみてください。

ネットや店頭でサッカーボールを購入する際の注意点

ネットや店頭でサッカーボールを購入する際は、JFA検定球かを確認してください。

同じデザインで検定球ではないものもあります。

ご自身で使う号数を間違えないでください。ボールに記載されています。

まとめ

縫い目を見ればどんなボールかわかります! 縫い目が細かいと機械縫い、縫い目が大体均一なのが手縫い、縫い目が全くないのが熱結合(サーマルボンディング製法)になります! 

手縫いボール以上を購入すればほぼ問題はないでしょう! 

場所や環境にあわせて自分のボールを見つけてみてください!!

もしわからなかったら、スポーツ用品店の店員さんに聞くのもいいと思います。