スポーツに特化したTabio(タビオ)ソックス!特徴と使い方を解説

糸からこだわって作られているTabio(タビオ)の靴下。

日常で使えるものからスポーツに特化したものまで、様々な用途に合わせた靴下・ソックスが取り揃えられています。

この記事では、そんな中からスポーツソックスにフォーカスして、特徴と使い方について解説します。 

Tabio(タビオ)とは? 

会社名 タビオ株式会社 
創業 1968年3月 
設立 1977年3月 
資本金 414,789,000円 
事業内容 ●靴下の企画・卸・小売 ●フランチャイズ・チェーン「靴下屋」の展開 ●直営店「靴下屋」・「Tabio」「Tabio MEN」の展開 

Tabioは、タビオ株式会社が展開する靴下ブランドです。

第二の皮膚のような靴下を目指し、手作り感覚にこだわった伝統的な職人技が取り入れられています。社内には、品質検査室を設け、JIS規格より厳しいTABIO独自の基準をクリアしたもののみが店頭に並べられています。 

スポーツに特化したTABIO SPORTSとは? 

そんなタビオ株式会社が展開する、スポーツに特化した靴下ブランドが、TABIO SPORTSです。

TABIO SPORTSのオンラインショップでは、5種類のスポーツに特化した(次の項でご紹介)靴下が販売されています。

靴下専業のクオリティ・テクノロジーを生かし、足元トラブル防止、プレーに集中できる素材・編成・フィット感に配慮するなど細部にこだわって作られているのが特徴です。 

Tabio(タビオ)ソックスの種類とそれぞれの特徴 

タビオのスポーツソックスは、以下の5種類に対応したものが販売されています。 

・ランニング 
・フットボール・サッカー
・ゴルフ
・ベースボール・野球
・バスケットボール 

ここでは、それぞれのスポーツソックスの特徴についてご紹介します。 

1. ランニング 

タビオでは、靴の圧迫や摩擦から足を守り、ランナーの足をサポートするのが靴下の役割だと考え、様々な機能を施した靴下を販売しています。 

例えば、土踏まずにかかる衝撃を緩和するためのアーチサポート機能、かかと面を大きくしてフィット感とズレを軽減するためのYヒールなどです。 

タビオでは、マラソン専用靴下のプロジェクトを行い、専用の機械やゴム糸などを一から開発し、ランニング専用の靴下を作り上げています。

足先は、通常の形状から五本指・足袋と3種類あり、お好みの形状から選ぶことが可能です。 

2. フットボール・サッカー 

タビオのサッカー用ソックスは、「足とシューズの一体感」や「ホールド力」を生む構造を開発して作られました。

このおかげで、サッカーで重要な足の切り返しが行いやすくなるだけでなく、足の負担が軽減され怪我の予防にもつながります。 

また、タビオのサッカーソックスは、セパレートタイプとなっていて、チーム指定のソックスと合わせて利用することが可能です。

その場合の履き方については、後の項目でお伝えしますので、ぜひチェックしてみてください。 

3. ゴルフ 

タビオのゴルフソックスは、足元のグリップを強化して、安定したスイングをサポートするように作られています。

また、つま先が左右の足の形に合わせた立体構造となっているため、快適性と足への負担の軽減につながります。 

ゴルフソックスは、丈が長い物とショート丈の2種類あり、つま先の形状も五本指のものと通常の形と2種類あります。

ご自身のお好みに合わせて長さや形状を選択することが可能です。 

4. ベースボール・野球 

タビオの野球用ソックスは、耐久性・快適性・グリップ性・土踏まずのズレの緩和の4つの特徴があります。

商品ラインナップは、目的別に選べるのが特徴で、ご自身の要望に合わせて以下の2種類から選択可能です。 

パフォーマンスアップを目指す薄手タイプ 

快適性・耐久性重視のオールラウンドタイプ 

2種類の大きな違いは、素材の厚みと丈の長さです。 

「1. パフォーマンスアップを目指す薄手タイプ」では、薄手の素材で、長さはひざ丈となっています。一方で、「2. 快適性・耐久性重視のオールラウンドタイプ」は、肉厚素材で、ショートフィットパンツに合わせたひざ上丈です。 

5. バスケットボール 

バスケットボール用ソックスは、プレイで多く使用する足首のサポートと、足底にかかる衝撃を緩和する機能が強化されているのが特徴です。

足の切り返しや、着地によってかかる足への負荷に配慮して作られています。

また、つま先・かかと・足底など負荷が強くかかる部分をナイロン糸で補強されているため、耐久性が高く長く愛用できます。 

Tabio(タビオ)サッカーソックスの履き方 

ここでは、タビオのサッカーソックスの履き方についてお伝えします。

タビオのサッカーソックスは、チーム指定のソックスと併用できるセパレートタイプです。

ここでは、チーム指定ソックスと併用する履き方を解説します。 

以下に参考動画も添付していますので、ぜひ、利用する際の参考にしてください! 

初めてのTABIO 五本指セパレートソックスのトリセツ 

1. TABIO SPORTSのソックスを履く 

まずは、TABIO SPORTSのサッカー用ソックスを履きます。 

2. チーム指定のソックス(足先を切ったもの)を履く 

次に、チーム指定のソックスを履きましょう。 

ただし、チーム指定のソックスをそのまま履いてしまうと、二重で履くこととなってしまいますので、チーム指定のソックスは予めカーフソックスの形状に加工しておく必要があります。

加工方法については、次の項でお伝えしていますので、参考にしてみてください。 

3. ノンスリップバンド(ラバーを外側にして)を履く 

TABIO SPORTSのソックスとチーム指定ソックスの境目を固定するために、ノンスリップバンドを使用します。 

まずは、ラバーを外側にして履きましょう。ラバーを内側にして履いてしまうと、ラバーのグリップによって履きにくくなりますので、ラバー部分は外側にして履くのがおすすめです。 

4. 折り返していたノンスリップバンドを上から重ねる 

最後に、ノンスリップバンドをソックス同士の境目の位置で、ラバー側が内側に来るように折り返したら完了です! 

もしノンスリップバンドを使用しない場合は、テーピングでも代用できます。

その場合は、ソックスの色に合わせたカラーのテーピングを用意するようにしましょう。 

チーム指定ソックスをカーフソックス形状に加工する方法 

ソックスを加工する手段としては、自作する方法とお店で加工してもらう2つの方法がありますが、ここでは、自作する方法をご紹介します。

1. 足首のリブがあるあたりでカットする 

まずは、ソックスをカットしていきます。長さの目安としては、リブがあるあたりをカットするといいでしょう。 

カットするときのポイントですが、できるだけ余裕を持って長めにカットするのがおすすめです。

短くしてしまうと修正が不可能になってしまいますが、長めであれば追加でカットすることで調整できます。 

2. カットした断面を火で炙り生地を固める 

カットした断面をそのままにすると、生地がほつれてしまいます。

そのため、ライターなどを使用して火で炙ることで、生地が溶けた後に固まりほつれにくくなります。さらに、断面を少し内側に織り込んで、縫っておくとさらにほつれにくくなるのでおすすめです。 

ご自身のスポーツに特化したソックスを見つけてみましょう! 

この記事では、スポーツに特化したタビオのソックスについて特徴や使い方をご紹介しました。

靴にこだわっても靴下にこだわる人は、それほど多くないかもしれません。 

しかし、足に直に触れる靴下にこだわってみることで、足への負担の軽減やパフォーマンス向上を期待できます。

まずは、一点お気に入りのソックスを見つけて、試してみてはいかがでしょうか。