狭い庭でもサッカーの練習がしたい!自宅練習を楽しむグッズや注意点を解説

「出掛けなくても家で子供にサッカーの練習をさせてあげたい」

「せっかく庭があるしサッカーの練習に活用したい」

子供に決められた日にちや時間にしばられず、自宅でも好きなだけサッカーの練習をさせてあげたいと思っている人は多いでしょう。

特に、「ゴールデンエイジ」と呼ばれる10〜12歳のお子さんはボールを触れば触るほど目覚ましく成長する時期。少しでも長くボールに触れている時間を増やしてあげたいですね。

そこで今回は、自宅の庭でできるサッカーの練習方法や狭い庭で活用したいグッズ、庭で練習を行う際の注意点についてまとめました。

本格的な練習をさせたいと考えている人から、サッカーを通じて親子のコミュニケーションを取ろうと考えている人まで、ぜひ参考にご覧ください。

関連記事

国民的なスポーツ、サッカーのルールは経験者でなくとも大体は把握できていることでしょう。 しかし、いまや当たり前となっているサッカーのルールが、歴史とともに大きく変化していることを知らない人は多いはず。 この記事では「そ[…]

関連記事

「これからサッカーを始めたい」「子供がサッカーをはじめた」など、サッカーについて知識を習得するタイミングというのは様々かと思います。  サッカーについて知っていく中で、やはりポジションについてのことを知らず[…]

少しの工夫で狭い庭でもサッカー練習はできる

サッカーの練習といえば、広いグラウンドや体育館が思い浮かび、狭い自宅の空間でできることはほとんどないと思っている人も多いでしょう。

実際、できることに制限はあることは事実ですが、狭い空間でも工夫次第で十分練習が可能です。

例えば、リフティングやストレッチ・体幹トレーニングなどは場所を選ばずに行えますね。

地味なトレーニングが退屈に感じてしまったらコーンやネットを設置することでドリブルやパス、シュートまで練習のバリエーションは一気に広がります。

冒頭でも触れた通り、U10〜U12頃の年代はボールを触れば触るほど技術力が向上すると言われています。

庭のスペースじゃ小さすぎて練習にならない、と考えるのはとてももったいないです。

「同年代と差をつけたい」「ボールを触る技術を体になじませたい」と思う人は、限られたスペースや時間でも有効に活用しましょう。

自宅の庭で本格的にサッカー練習をするなら人工芝を検討しよう

上記のように、庭の芝を人工芝にすることで限られた広さでも本格的な環境に変えられます。

ここまで整備された人工芝を敷き詰めれば、誰もがうらやむサッカーコートになりますね。

人工芝のメリットは見た目の良さはもちろん、試合本番に近い環境でさまざまな練習が行える点。

また、激しい練習をしても怪我のリスクは低く、服をほとんど汚すことがないのも大きな利点でしょう。

ただし、人工芝を敷く際には、正しい施工を行うことが重要です。

見栄えだけ良ければと、安価な芝を使ったりDIYで敷いたりすると、サッカーの動きに耐えられません。すぐにボロボロになってしまい結局高くついてしまうことも。

そのため、人工芝を検討するなら費用は多く見積もっておく必要があります。初期費用が少し掛かっても、本格的な環境で練習をさせたい、目が届く範囲で安全に練習をさせたいという人におすすめです。

関連記事

  社会人の趣味として楽しまれることも多い、フットサル。  しかしいざ「サッカーとフットサルの違いってなに?」と聞かれると、パッと思いつかない方も多いのではないでしょうか。  という[…]

関連記事

サッカーのスパイクを選ぶときに生地にもこだわっていますか?  実は、サッカーのスパイクにはさまざまな素材の生地が使用されており、それぞれに違った特徴があります。  スパイクの生地の特徴を理解すること[…]

庭でサッカー練習をはじめる前に、気をつけたい周囲へのマナー

練習に夢中になっていると、周りへの影響に対して注意が薄れてしまいがち。

自宅の庭でサッカーの練習をする際には、周囲に住んでいる人のことも考えてマナーやルールを必ず守るべきです。

最悪の場合には、サッカーの練習が原因でご近所トラブルの原因になる可能性も。

練習をはじめる前に、特に気を配るべきポイントを押さえておきましょう。

サッカー練習は騒音に注意!

サッカーの練習は夢中になっていると気づきにくいのですが、周囲にはかなりの騒音です。

特に、ボールを蹴る音や壁に当たる音は「ドスンドスン」と響きまで伝わります。

ボールから発生する音だけではなく、話し声や笑い声も気になる人はとても多いです。

周りに住んでいる人のことも考えて、練習を行っても良い時間帯に行いましょう。

また、シュートやパスの練習を行う際にも、壁に当てることは避け、ネットなどを利用して可能な限り騒音対策を取るべきです。

シュートの練習をしたいけど、音が気になるという人はリバウンドネットを検討してください。

サッカーの練習は自分が思っているよりも何倍も大きな音が出ていると意識しておきましょう。

自分のものはもちろん、他人のものを絶対に壊さないように注意する

自宅の庭で練習をする際には、ボールを蹴ってもいい強さをルールとして決めておきましょう。

高く蹴り上げてしまい、隣の家のものなどを壊してしまったら取り返しがつきません。

他人のものを壊してしまったら弁償すれば終わりというわけではありません。

人間関係のトラブルに発展し、今後自宅でサッカーをすること自体ができなくなる可能性があります。

もちろん、どれだけ注意をしても事故というのは起こるもの。

そのため、防球ネットなどを事前に張り、外に飛び出さない仕組みを作っておくことが大切です。

サイズはさまざまなので、環境にあわせたものを選んで設置すると良いでしょう。

狭い庭でも本格的なサッカー練習ができる便利グッズの紹介

上記の注意点を踏まえ、しっかりと対策を考えれば自宅での練習はとても充実したものになるでしょう。

さらに、自宅の庭を本格的なサッカー練習場にするために、下記に紹介するグッズをそろえると理想的ですよ。

・ミニゴール

練習であっても、ゴールの有り無しはモチベーションに大きな差が出ます。簡単に持ち運びができないからこそ、設置できるというのは庭があることの大きなメリットです。

上記のような折りたたみができる簡単なタイプから、

収納が可能ながら広げれば本格的なサイズになるものまで種類は多彩です。

ゴールがあれば自宅でキーパー練習もできますね。庭での練習にぜひミニゴールを取り入れてみましょう。

・コーン

ちょっとしたアイテムですが、意外と使い道が多いのがマーカーコーン。

シュートやパスの的にしたり、複数のコーンを用意してドリブルの練習をしたりと、できることの幅がとても広がります。

自宅用には、よく見慣れている三角コーンだけではなく、下記のような収納がしやすく持ち運びやすいタイプが人気です。

柔らかく、壊れにくい素材を使用しているので踏んだり蹴飛ばしたりとタフな使い方にも耐えられます。練習にバリエーションを加えたい人はぜひコーンを用意してください。

・リフティングボール

正確なボールコントロール力を身につけるためにリフティング練習は必須ですね。

庭での練習はもちろん、室内の練習用にもリフティングボールが一つあるととても便利ですよ。

通常のサッカーボールとの違いは大きさで、リフティングボールはサイズの幅がさまざま。

小さなタイプになるほど芯を捉えることが難しく、シビアなコントロール感覚が身につきます。

小さめなタイプをはじめて扱う際には難しさにびっくりして無理だと感じてしまうかもしれません。

そのため、大きなものから徐々に小さなものへとステップアップしていくことをおすすめします。

下記のように、違うサイズのボールがセットになっている商品もあるので、正確なコントロール力を身に着けたい人はぜひこちらを。

まとめ:狭い庭でもサッカー練習はできる

今回は、自宅の限られた庭のスペースでも、サッカーの練習は十分に可能という点について解説しました。狭いからといって練習ができないといったことはなく、工夫次第で練習のバリエーションはとても広いです。

ただし、自宅での練習は近隣の住民への影響を必ず考えなければいけません。

事前にリバウンドネットや防球ネットを用意して迷惑がかからないように対策をしておくことが必須です。

その上で、練習に最適なグッズをそろえることでより充実した練習ができることでしょう。あると便利なグッズとしては、

・ミニゴール

・マーカーコーン

・リフティングボール

などが挙げられます。また、より自宅の庭を本格的な練習場にしたいのなら人工芝を敷いてみるのもよいでしょう。

工夫次第で多彩な練習方法があることを知り、少しでも長くボールに触れる環境を作っていきましょう。

⇩⇩スポーツ用品買うなら⇩⇩