サッカースパイクの生地の選び方一つでベストパフォーマンスを出せる! 

サッカーのスパイクを選ぶときに生地にもこだわっていますか? 

実は、サッカーのスパイクにはさまざまな素材の生地が使用されており、それぞれに違った特徴があります。 

スパイクの生地の特徴を理解することで、ベストパフォーマンスを出せますし、スパイクを長く使うことができるのです。 

そこで、この記事では、サッカースパイクの生地別にメリット・デメリットをご紹介していきます。 

サッカースパイクの生地の種類は? 

1.人工皮革(ひかく) 

天然皮革に構造を限りなく似せて作った皮革のことです。 

ナイロンやポリエステル生地の上に、ポリウレタンをはじめとした樹脂層をコーティングして作られる『合成皮革』とは異なります。 

2.カンガルー皮 

サッカーでもっとも人気のある天然皮革なのが「カンガルー皮」です 

その名の通り、ぴょんぴょん飛び跳ねる動物として知られるカンガルーの皮が使用されています。 

ボールタッチが裸足感覚で軽量モデルが特徴です。 

3.カーフ皮 

生後6ヶ月以内の仔牛の革を使用して作られる素材です。 

カンガルー皮と同じような柔らかさと優れた耐久性を兼ね備えています。 

4.ステア皮 

生後1年以上の牛の革を使用した素材です。 

天然皮革の中では価格が安い傾向にあり、耐久性に優れています。 

関連記事

「サッカーノートって何?」 「サッカーノートって何を書けばいいの?」 「本当に書くことで上達につながるの?」 サッカーノートに興味がある人の中には、こんな思いを抱いている人もいるのではないかと思います。 サ[…]

関連記事

「出掛けなくても家で子供にサッカーの練習をさせてあげたい」 「せっかく庭があるしサッカーの練習に活用したい」 子供に決められた日にちや時間にしばられず、自宅でも好きなだけサッカーの練習をさせてあげたいと思っている人は多[…]

人工皮革のスパイクを使用するメリット 

1.耐久性に優れている 

人工皮革は、もっとも耐久性のある素材で、普通に使用していれば型崩れの心配はありません。 

ですので、長期間同じスパイクを履き続けることも可能です。 

2.耐水性に優れている 

耐水性にも優れているので、雨の日の練習や湿った芝でのトレーニングの際も型崩れや皮革が硬くなったりすることへの心配はいりません。 

また、水でまる洗いもできます。 

ただ、ブラシでゴシゴシ擦るのはスパイクを傷つけてしまうので、シューズシャンプーを使用して手で洗う方法がオススメです。 

3.価格が安いものが多い 

天然皮革に比べて、圧倒的に安価なスパイクが多いです。 

さらに長く使える点からも、サッカースパイクとしてのコストパフォーマンスは非常に高いといえます。 

人工皮革のスパイクを使用するデメリット 

1.足に馴染みづらい 

人工皮革は、皮が伸びづらいので、長く履いていても足に馴染ませることが難しいです。 

最近では人工皮革の技術も高くなり、スポーツメーカーの中では「NIKE(ナイキ)」が人工皮革のサッカースパイクに特に力を入れています。 

ただ、高性能になればなるほど価格も高くなりますので注意が必要です。 

2.足が蒸れやすい 

人工皮革は通気性が悪いので、足汗をかきやすい人や、じめじめとした日にサッカーをすると、スパイクの中が蒸れてしまうこともあります。 

足が蒸れるのが気になってしまう人は、プレーにも影響が出てしまう可能性があるので注意が必要です。 

天然皮革のスパイクを使用するメリット 

1.圧倒的にボールコントロールが上手くいく 

天然皮革の中でも、特にカンガルー皮のスパイクは非常に軽く作られています。 

ですので、初めて履く人は、まるでスパイクを履いていないような感覚になるはずです。 

それくらい自然な感触でスパイクを履くことができますし、ボールも足に直接触れている感覚で扱えるので、ボールのコントロールが上手くいきます。 

2.自然と足にフィットしていく 

天然皮革は伸縮性に優れているため、スパイクを履いているうちに足に馴染んでくれます。 

少しキツいと感じても、履いていくうちに伸びていきますので、購入するときは気持ち小さめを選ぶことがオススメですよ。 

3.プロの多くは天然皮革を使用している 

現在活躍しているプロサッカー選手の多くも、天然皮革のサッカースパイクを愛用しています。 

もちろん、スポンサーの関係で提供されたスパイクを履いているプロ選手も多いですが、やはり天然皮革を好んで履いている選手は多いです。 

天然皮革のスパイクを使用するデメリット 

1.丁寧なお手入れが必要 

天然皮革を長く履くためにはトレーニング後のお手入れが欠かせません。 

シューズ用のクリーナーとクリームを使用して、必ずスパイクの土などの汚れを落とすようにしましょう。 

そうすることで、柔らかい生地を保ことができるので、伸縮性を損ないません。 

2.水分に弱い 

トレーニングや試合の時をしていると、どうしても急に雨が降ってくる場合もありますよね。 

しかし、天然皮革は水分にとても弱いので、濡れたままの状態で放置してしまうと、スパイクの形が崩れてしまいます。 

ですので、万が一濡れてしまった場合は、乾いた布で水分を拭き取った上で、中に新聞紙を詰めるなどして水分を極力残さないようにすることが大切です。 

3.型崩れしやすい 

先ほどもお伝えしたように、天然皮革は履いているうちに生地が伸びていき足にフィットするように広がりますが、逆に放置していると縮んでくることもあります。 

ですので、スパイクを履かない時には、シューズキーパーを使用して縮みにくくすることが大切です。

まとめ 人工皮革と天然比較どちらがオススメ? 

ここまで、人工皮革と天然皮革のそれぞれのメリット・デメリットをご紹介していきました。 

どちらの生地にもそれぞれ特徴があり、その特徴を最大限に発揮するグラウンドの状況も異なります。 

雨の日用のスパイクと普段使いのスパイクを分けているプレイヤーも多いのです。 

常にベストパフォーマンスを出すためには、状況にあったスパイクを使い分けましょう!