当サイトでは、アフェリエイト広告を利用しています。

小学生の縄跳びで上達したいなら、長さは身長+90cm?正しい長さの決め方とは?

縄跳びは、体力や運動能力を向上させることができる、子供におすすめのスポーツです。

しかし、縄跳びをうまく跳ぶためには、正しい長さの縄を選ぶことが大切です。

一般的に、小学生の縄跳びの長さは、身長+90cm程度が適切といわれています。

しかし、これはあくまでも目安であり、子供の体格や跳び方によって、適切な長さは異なります。

そこで、今回は、小学生の縄跳びの長さの決め方について、詳しく解説していきます。

関連記事:「なわとび初心者にもおすすめ!使いやすいなわとび4選」

小学生の縄跳びの長さ調節のやり方

身長+90cmが一般的な目安です。

ただし、これはあくまでも目安であり、体格やレベルによっても適切な長さは変わってきます。

例えば、身長が130cmの小学生の場合、身長+90cmで220cmとなります。

しかし、足が短い場合は、200cm程度に調整した方が跳びやすくなります。

また、二重跳びや三重跳びなどの高難度技を習得したい場合は、230cm程度に調整した方が回しやすくなります。

両足で縄跳びを踏み、肘が90℃に曲がる位置が適切な長さ

両足で縄跳びを踏み、肘が90℃に曲がる位置が適切な長さです。

この方法は、縄跳びの長さを簡単に調整することができます。

縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さ

縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さです。

この方法は、縄跳びの長さを正確に調整することができます。

縄跳びの長さは、跳びやすさに大きく影響します。

正しい長さの縄跳びを使うことで、スムーズに回すことができ、上達しやすくなります。

小学生向けのポイント

  • 縄跳びの長さは、身長+90cmから調整するのが基本です。
  • 体格やレベルに合わせて、長さを調整しましょう。
  • 縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さの目安です。

小学生は、まだ体格や運動能力が成長段階にあります。

そのため、定期的に縄跳びの長さをチェックして、適切な長さに調整するようにしましょう。

関連記事:スポーツ用品はどこで買う?おすすめオンラインショップ7選 どこが一番安く購入できる?【価格比較】

関連記事:今人気の最新子供スポーツクラブbiima sports(ビーマスポーツ)とは??

小学校一年生や幼児が縄跳びの長さを調節する方法

身長+30cmから調整する

身長+30cmが一般的な目安です。

これは、小学校一年生や幼児は、まだ体格や運動能力が未発達であることから、身長+90cmの一般的な目安よりも短めに設定する必要があるためです。

例えば、身長が100cmの小学校一年生の場合、身長+30cmで130cmとなります。

両足で縄跳びを踏み、肘が曲がる位置が適切な長さ

両足で縄跳びを踏み、肘が曲がる位置が適切な長さです。

この方法は、縄跳びの長さを簡単に調整することができます。

縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さ

縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さです。

この方法は、縄跳びの長さを正確に調整することができます。

小学校一年生や幼児は、まだ縄跳びの基本的な動作を習得している段階です。

そのため、縄跳びが長すぎると、跳びにくかったり、回し過ぎてケガをしたりしやすくなります。

また、縄跳びの長さは、成長に合わせて定期的に調整する必要があります。

そのため、小学校一年生や幼児が縄跳びを跳ぶときは、保護者が適切な長さをチェックしてあげるようにしましょう。

小学校一年生や幼児向けのポイント

  • 縄跳びの長さは、身長+30cmから調整するのが基本です。
  • 両足で縄跳びを踏み、肘が曲がる位置が適切な長さの目安です。
  • 成長に合わせて、定期的に縄跳びの長さをチェックしてあげましょう。

なお、縄跳びの長さを調節する際には、以下の点に注意しましょう。

  • 縄跳びの長さが短すぎると、縄跳びを回すのが難しくなります。
  • 縄跳びの長さが長すぎると、縄跳びが足にぶつかったり、回し過ぎて跳びにくくなったりします。
  • 縄跳びの長さは、跳ぶ人の体格やレベルによっても変わってきます。

どの縄跳びが小学生にオススメか?ランキングレビューとは

跳びやすさ

小学生は、まだ体力や筋力が十分に発達していないため、跳びやすい縄跳びを選ぶことが大切です。

ビーズロープや綿ロープは、重みがあり回す感覚がつかみやすいため、初心者向きです。

安全性

縄跳びは、腕や足を切ってしまうなどのケガにつながる恐れもあります。

そのため、ロープの素材やグリップの形状など、安全性に配慮されたものを選びましょう。

長さの調整機能

小学生は、成長が早いため、縄の長さもすぐに合わなくなってしまうことがあります。

そのため、長さの調整機能が付いているものを選ぶと便利です。

これらのポイントを踏まえて、小学生におすすめの縄跳びをランキング形式でご紹介します。

関連記事:100均はダメ!子供用縄跳びの選び方のポイントやオススメの縄跳びは?

関連記事:「なわとび初心者にもおすすめ!使いやすいなわとび4選」

1位:アシックス クリアートビナワジュニア

アシックスの「クリアートビナワジュニア」は、日本なわとび競技連盟公認の縄跳びです。

ビーズロープと綿ロープの中間のような重さで、初心者でも使いやすいのが特徴です。

長さの調整機能も付いているため、成長に合わせて長さを調節できます。

スポコバ楽天市場店
¥590 (2024/02/28 07:59時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

Amazonでおすすめアシックスなわとびを探す

2位:FEELCAT ビーズロープ

「FEELCAT ビーズロープ」は、ビーズロープタイプの縄跳びです。

ロープにビーズが通してあるため、地面に当たったときにカシャカシャと音が鳴り、跳ぶリズムをつかみやすいのが魅力です。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

Amazonでおすすめなわとびを探す

3位:ソニック クイックスピンクロス

「ソニック クイックスピンクロス」は、ポリウレタン製の縄跳びです。

軽量で回しやすいため、高度な技に挑戦したい上級者にもおすすめです。

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

Amazonで瞬足なわとびを探す

ランキング以外にも、縄跳びを選ぶ際には以下の点にも注意しましょう。

  • 素材:ロープの素材には、ナイロン、綿、ポリウレタンなどがあります。ナイロンは耐久性が高いですが、重さがあります。綿は重さがあり、回す感覚がつかみやすいです。ポリウレタンは軽量で回しやすいです。
  • ロープの長さ:縄跳びの長さは、握り手が腰の位置にくるように調整するのが基本です。長すぎると跳びにくく、短すぎるとケガの原因になります。
  • グリップの形状:グリップの形状は、握りやすく、滑りにくいものがおすすめです。

小学生に縄跳びをプレゼントする際は、上記のポイントを押さえて選んであげましょう。


ピンクやブルーなど、子供が喜ぶ色のロープ

子供が喜ぶ色のロープは、明るく鮮やかな色です。特に、ピンクやブルーは女の子に人気があります。

また、レッドやイエローも元気なイメージを与えるため、男の子にも喜ばれるでしょう。

具体的には、以下の色がおすすめです。

  • ピンク
  • ブルー
  • レッド
  • イエロー
  • オレンジ
  • グリーン
  • パープル

これらの色は、縄跳びのデザインにもよく使われており、子供の好みに合ったものを選びやすいでしょう。

また、複数の色が組み合わせられているものや、ラメ入りのものなど、デザインのバリエーションも豊富です。

子供が縄跳びを長く使い続けるためには、見た目も重要です。

お気に入りの色のロープを見つけて、楽しくなわとびを習得してもらいましょう。

なお、子供の年齢や性別に合わせて、色を選ぶのもおすすめです。

例えば、幼稚園や保育園に通う小さな子供には、パステルカラーなどの柔らかい色が人気です。

また、小学生になると、男の子でもピンクやブルーなどの色を好むようになる子もいます。

子供の好みや個性を考慮して、ぴったりの色のロープを選んであげましょう。

まとめ

縄跳びは、子供の体力や運動能力向上に効果的なスポーツであり、適切な長さの縄を選ぶことが重要です。

一般的な小学生向けの縄跳びの長さは身長+90cm程度であり、体格やレベルによって調整が必要です。

以下は小学生と小学校一年生・幼児向けの縄跳びの長さ調節方法とポイントです。

【小学生向けの縄跳びの長さ調節】

  1. 身長+90cmから調整する:一般的な目安であり、体格やレベルによって適切な長さは異なる。
  2. 両足で縄跳びを踏み、肘が90℃に曲がる位置が適切な長さ。
  3. 縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さ。

【小学校一年生・幼児向けの縄跳びの長さ調節】

  1. 身長+30cmから調整する:未発達な体力や筋力に配慮して短めに設定。
  2. 両足で縄跳びを踏み、肘が曲がる位置が適切な長さ。
  3. 縄跳びを回して、首に当たる位置が適切な長さ。

ポイント:

  • 縄跳びの長さは跳びやすさに影響するため、適切な長さを選ぶことが重要。
  • ロープの素材や安全性にも注意し、成長に合わせて定期的に調整する。
  • 縄跳びをプレゼントする際には、跳びやすさ、安全性、長さの調整機能を考慮。

【小学生におすすめの縄跳びランキング】

  1. アシックス クリアートビナワジュニア:ビーズロープで初心者向き。
  2. FEELCAT ビーズロープ:ビーズがついており、跳ぶリズムをつかみやすい。
  3. ソニック クイックスピンクロス:軽量で高度な技に挑戦したい上級者向け。

子供の好みに合った明るく鮮やかな色のロープを選び、楽しみながら縄跳びを習得させましょう。

最新情報をチェックしよう!