当サイトでは、アフェリエイト広告を利用しています。

アイスバスの正しいやり方、驚くべき効果5つとは!?

「アイスバスって聞いたことるけど、やり方がわからない」

「アイスバスは効果あるの」

「アイスバスの必要な道具は」

アイスバスとは、氷水に全身を浸かることです。

近年、アスリートやセレブの間でも注目を集めており、疲労回復や筋肉痛予防、パフォーマンス向上など、さまざまな効果があるとされています。

本記事では、アイスバスの正しいやり方と驚くべき効果5つをご紹介します。

アイスバスの正しいやり方

準備

①氷水を用意する

②バスタオルやブランケットを用意する

③温かい飲み物を用意する

やり方

①運動後15分以内に、全身を氷水に浸かる。

②最初は1~2分程度から始めて、徐々に時間を延ばす。

③冷たすぎて耐えられない場合は、途中で休憩を挟む。

④アイスバス後は、体を温めるため、シャワーを浴びる。

ケア

アイスバス後は、体を温めて血行を促進しましょう。

①シャワーを浴びる

②温かい飲み物を飲む

③ストレッチをする

アイスバスで必要な道具4選

①氷水

アイスバスの温度は、10~15℃程度が適切です。氷水を用意する際は、氷を十分に用意して、冷たさを保ちましょう。

業務用食材 食彩ネットショップ
¥160 (2024/04/10 08:21時点 | 楽天市場調べ)

②バスタオルやブランケット

アイスバス後は、体を温める必要があります。バスタオルやブランケットを用意して、体を温めましょう。

③温かい飲み物

アイスバス後は、体を温めるために、温かい飲み物を飲みましょう。

また、アイスバスを行う場所も重要です。アイスバスは、室内で行うことをおすすめします。屋外で行う場合は、風が強いと体温が下がりすぎてしまうため、注意が必要です。

④バケツや簡易プール

全身が入る大きさのバケツが必要になります。無理なら、下半身(腰付近)まで入るバケツを用意しましょう。

アイスバスの5つ効果とは!?

疲労回復

アイスバスで体温を下げると、血管が収縮して体の中心部から手足の先へと血流が促進され、筋肉の疲労物質が排出されやすくなります。

また、脳の炎症を抑制する効果もあるため、疲労感の軽減につながります。

筋肉痛予防

アイスバスは、筋肉痛の原因である筋肉の損傷を抑制する効果があります。

また、筋肉の炎症を抑制することで、筋肉痛の痛みや腫れを軽減します。

パフォーマンス向上

アイスバスは、筋肉の柔軟性を高める効果があります。

また、疲労物質の排出を促進することで、運動後の回復を早めます。

メンタルヘルスの改善

アイスバスは、ストレスを軽減する効果があります。

また、交感神経を抑制し、副交感神経を優位にすることで、リラックス効果が得られます。

アンチエイジング効果

アイスバスは、老化の原因となる活性酸素を除去する効果があります。

また、血行を促進することで、肌のターンオーバーを促進し、美肌効果が期待できます。

アイスバスの注意点

アイスバスを行う際には、注意が必要です。注意するポイント

・体調が悪いときは、控える。

・高血圧や心臓疾患などの持病がある人は、医師に相談する。

・最初は1~2分程度から始めて、徐々に時間を延ばす。

・冷たすぎて耐えられない場合は、途中で休憩を挟む。

アイスバスのおすすめのタイミング

アイスバスは、運動後の回復を早めるために、運動後15分以内に行うのがおすすめです。

また、疲労感や筋肉痛を感じたときにも、アイスバスを行うことで効果が期待できます。

アイスバスは、どんな人に向いている?

・運動後の疲労回復を早めたい人

・筋肉痛を予防したい人

・パフォーマンスを向上させたい人

・ストレスを軽減したい人

・アンチエイジング効果を期待したい人

アイスバスの効果を体験した人の声

アイスバスの効果を体験した人からは、様々な声があります。

・「運動後の疲労感が軽減された」

・「筋肉痛の痛みや腫れが軽減された」

・「パフォーマンスが向上した」

・「ストレスが軽減された」

・「肌がきれいになった」

まとめ

アイスバスは、正しいやり方で行うことで、さまざまな効果が期待できます。

体調が悪いときは控え、高血圧や心臓疾患などの持病がある人は医師に相談してください。

また、アイスバスは、運動後の回復を早めるために、運動後15分以内に行うのがおすすめです。

ぜひ、アイスバスの効果を体験してみてください。

最新情報をチェックしよう!