バスケットボールでシュートを決めたい!初心者でもできるコツとは!?

「バスケでシュートが決めたい!でも、練習してもなかなかボールがゴールに入らない‥‥」

バスケットボールをしているからにはカッコよくシュートを決めたいですよね。シュートがきれいに決まったときの爽快感はたまりません。

しかし、初めのうちはなかなか望んだところにボールが飛んでくれないかと思います。

そこで、今回は初心者の方のためにシュートの打ち方を解説します。

シュートを打つときの体勢

シュートの成功率を高めるためにはきれいなフォームでシュートを打つ必要があります。体に軸となる線が入っていてバランスの取れた状態でシュートすることで、狙った場所にボールを入れやすくなります。

ボールのコントロールをする前に自分の体をコントロールできる状態にしておくのです。

シュートを打つときは体全体の力の伝え方が重要です。力がそれほど強くなくても、きれいなフォームで投げることでボールを遠くまで投げることができます。シュートは下半身で打つものと言われるくらい下半身の動きも重要になってきます。

・足を肩幅に開いてお尻を落とす

・つま先をゴールに向けて片足を少し前に出す

・ボールを胸の前で構える

・手を前に出してシュートを打つ

というのがポイントです。人によってやりやすいフォームは違うので、これを基本に微調整しましょう。力はつま先から足・腕を通って指先に伝わるイメージです。ちょうど指先に力が入る頂点でボールをリリースすると遠くまで届くシュートを打つことができます。リリースのタイミングは何度もやってコツを掴みましょう。

シュートを打つときの視線

シュートを打つときは目をどこに向けるかも大事です。シュートを打つのはもちろんゴールに向かってです。ということは当然ゴールをしっかりと見る必要があります。

まず、ゴールを見るときは点で見ることが重要です。ゴールと言ってもゴールの手前なのか奥なのかで微妙に狙う場所は変わってきます。なので、自分の狙いやすい一点を探して、その一点を見てゴールを狙うようにしましょう。

リング全体を見ていると意外と的が大きく、どこを狙っているのか曖昧になってしまいやすいのでなるべく的を絞って打つのが効果的です。

シュートを打つと決めたら、なるべく早いうちにゴールを見るようにしましょう。ゴールを見る時間が長ければそれだけ的を絞ることができるからです。しかし、実際のゲーム中にはなかなかそこまでの余裕はありませんよね。なので、あらかじめシュートを打てそうだというタイミングを見計らって準備しておくと良いでしょう。ドリブルをしながら、パスを受け取る位置取りをしながら頭の中ではシュートを打つ心構えでいれば、早い段階でゴールを見始めることができます。

かなりレベルが高いことなので、少しずつでも意識できレバ大丈夫です。

もう一つ大事なのは、シュートを打ち終わるまでゴールから目を離さないことです。リングを通るまできちんと見続けることでシュートに集中することができます。また、最後まで見続けると意識することで無意識にゴールから目が離れてしまうのを防ぐこともできます。

一本一本のシュートを大切に打っていきましょう。

関連記事

スピード感があり、観戦してもプレイしても楽しいバスケットボール。 ルールが複雑で難しいと思われがちなバスケですが、覚えてしまえば簡単です。 ルールをしっかり覚え、楽しくバスケをプレイしましょう。 バスケは圧倒的な[…]

関連記事

東京オリンピックでは女子バスケットチームが準優勝を果たして、この今バスケットボールが注目しています。 スポーツ用品を揃える時も「明日どんなウェア着ようかな?」とか「どんなシューズ履こうかな?」と思いますよね。 […]

シュートを打つときのボールの持ち方

シュートを上手に打つためにはボールの持ち方も重要です。シュートは指先で打つように意識しましょう。

指先からスピンをかけて打つことで放物線を描いたシュートを打つことができます。ゴールは上を向いているので基本的には放物線を描くように投げる必要がありますよね。また、スピンをかけておくことでシュートが入らなかったときもボールが強く跳ね返るのを防ぐことができます。

シュートを打つときは手首を返してボールを持ちましょう。打つ方と反対の手は軽く添えて、手のひらはボールについていない方が指先で打ちやすいのでおすすめです。

あとは狙った方向に真っ直ぐ飛ばすこと、放物線を描くように打つことを意識して打てばシュートを決めることができます。真っ直ぐ飛ばすためには腕を真っ直ぐに振ることが大事です。狙った方向にちゃんと打つことができればシュートが決まる確率はかなり上がります。まずは正しいフォーム・持ち方で真っ直ぐ飛ばすことから意識して練習しましょう。

まとめ

この記事では、

・シュートを打つときは姿勢が大事

・シュートを打つ前からゴールに目を向ける

・シュートは指先で打つ

ということを解説しました。

このコツを意識して練習すれば実際のゲームでもどんどんシュートが入るようになって自信が湧いてきますよ。初めは難しいかもしれませんが、慣れてくるとシュートを打つのが楽しくなってくるので頑張って練習しましょうね。