バレーボールを始めるのに必須の持ち物を紹介【部活で役立つアイテム一覧】

  • バレーボールを始めようと思うけどどんなアイテムが必要なの?
  • バレーボールの持ち物を選ぶときに気をつけるべきポイントは?
  • 練習に役立つ便利なグッズは?

バレーボールを始めたいけど、具体的にどんなアイテムが必要かわからないなんてことはありませんか?

当記事ではバレーボール必須アイテムのおすすめ商品を紹介します。

ここで解説しているアイテムを揃えれば、明日から快適にバレーボールを始めることができます。

【必需品】バレーボールの持ち物と選び方のポイント

シャツ

シャツは水分発散性の高いポリエステル製品がおすすめです。

スポーツをすると必ず汗をかくと思います。

そんな中、綿のシャツは、汗を吸いにくく、また、汗を吸っても乾きづらいです。

ポリエステル製のシャツは汗を素早く吸収し、速乾性に優れています。

 また、バレーボールでは、床に落ちるか落ちないかギリギリのボールに飛び込んでレシーブすることがあります。

そのため、摩擦に強く、滑りやすいという点でもポリエステル製のシャツが良いです。

練習に行く時には、夏場は2~3枚、冬場は1~2枚替えのシャツを用意しましょう。練習でたくさん汗をかいても替えのシャツがあると安心です。

パンツ

 パンツもシャツと同様、ポリエステル製のパンツがおすすめです。丈の長さは膝上10~20センチが目安です。

バスケパンツのようにボワっとしていると動きにくいので、大きすぎずキツすぎないパンツを選ぶとよいです。

サポーター

サポーターはパットが入っている膝サポーターがおすすめです。

バレーボールのプレー中に、落ちるか落ちないかギリギリのボールをとるために、肘や膝を床につくことがあります。

パット入りの膝サポーターは、肘や膝を床についた衝撃を大幅に緩和することができます。

もし、肘もぶつけそうで怖いとか、肘をよくぶつけてしまうという人は肘サポーターも用意しましょう。

ひざサポーター

肘サポーター

タオル

顔、体を拭くためのタオルはフェイスタオル、ワイピング用タオル(床を拭くタオル)はハンドタオルがおすすめです。

夏場は非常に多くの汗をかくので、速乾性のシャツでも濡れてしまいます。

その状態で飛び込むと床が濡れ、滑りやすくなり、このままプレーすると足を滑らせ怪我につながります。

そのため、床を拭いて、安全にプレーするためにも、フェイスタオルに加えてハンドタオルが必要です。

ワイピング用タオル

バレーボールシューズ

バレーボール初心者は動きやすいローカットシューズがおすすめです。

シューズの種類は、ローカット、ミドルカット、ハイカットがあります。

・ローカット・・・衝撃や捻挫から守る働きが少ないが動きやすい

・ハイカット、ミドルカット・・・動きにくいがジャンプの衝撃や捻挫から足首を守る

ローカット

ハイカット、ミドルカット

関連記事

・最近バレーボールを始めたばかりでどうしたら上手くなれるのかわからない ・部活の人数が少なく先輩が引退したら、試合に出そうだけどまだまだ初心者で上達するにはどうしたらいい? ・バレーボールを始めてしばらく経つが上手くな[…]

シューズケース

 シューズケースはシューズが入る大きさであれば、何を選んでもよいです。

おすすめはシューズを入れるのにストレスが少なく、持ち手のある以下の商品です。

アシックスシューズケース

ソックス

ソックスの種類は大きくハイソックスとショートソックスの2種類あります。

ハイソックスは夏場は蒸れてしまいますが、滑りこんだときの摩擦から足を守ってくれる働きがあります。

女子に人気のソックスです。

ローソックスは夏場も涼しく、動きやすいです。主に男子に人気のソックスです。

バッグ

 バッグは30~40L程度の大容量のリュックサックがおすすめです。

上記のシャツ2~3枚、パンツ、ソックス、タオル(体顔用、ワイピング用)バレーボールシューズとそのケース、サポーターと多くの必需品があるため大容量のバッグが必要です。

また、リュックサックは肩への負担が分散され、肩が疲れにくいためおすすめです。

部活であったら便利なバレーボール用品

必需品で紹介したアイテムとは違い、必ずしも用意する必要はありません。また、学校によってはすでに用意してあるアイテムもあるので、欲しい時は買う前に顧問の先生や先輩に確認することをおすすめします

水筒

特に夏場はペットボトルや水飲み場の水がぬるくなりやすいので、冷たい飲み物を飲みたいときは水筒を用意すると、練習もはかどります。

また、節約にもなり、家計に優しいのも良いですね。

テーピング

指にテーピングをすることで突き指や、あかぎれを未然に防ぐことができます。

テーピング選びのポイントは手で切ることができることと、テーピングを剥がしたあと、手がべとつかないことです。

冷却スプレー

 バレーボールの怪我は突き指だけでなく、捻挫も起こります。

突き指、捻挫どちらも起こってしまったら、応急処置としてすぐに冷やすことで治りも早くなります。

氷水で冷やすのが一般的ですが、氷水の用意に時間がかかるなら、冷却スプレーで冷やしましょう。

滑り止めスプレー

 バレーボールシューズを買ったばかりだと、靴裏のゴムも新しいので滑りにくいですが、古くなるとゴムが劣化し滑りやすくなります。

シューズが滑りやすくなったら滑り止めスプレーを使用してみましょう。

マイプロテイン

バレーボール

バレーボールは、 小学生は4号球軽量

           中学生は4号球

        高校生・一般は5号球

を使用します。

練習用と書かれたボールもありますが、ボールを購入するならば、公式球がおすすめです。

公式球の表面の質感が練習用と全く違うためです。

ミカサとモルテンの2種類の公式球がありますが、どちらも使用するので、どちらを買っても問題ありません。

4号球 軽量

4号球 

5号球

【まとめ】バレーボール用具を揃えて楽しもう

バレーボールを始めるのに必須の持ち物について紹介しました。

必需品

・シャツ

・パンツ

・ソックス

・タオル

・バレーボールシューズ

・シューズケース

・サポーター

・バッグ

部活であったら便利なバレーボール用品

・水筒

・テーピング

・冷却スプレー

・滑り止めスプレー

・バレーボール

これらを揃えて、バレーボールを楽しく始めましょう!