当サイトでは、アフェリエイト広告を利用しています。

【男性向け】ジムで快適にトレーニングするなら、服装は重要!初心者男性向けのウェア選び方

ジムに通い始める男性のみなさん、服装の準備はできていますか?

ジムでのトレーニングは、動きが激しいものも多いので、動きやすさや通気性・吸汗性のあるウェアを選ぶことが大切です。

今回は、初心者男性向けのジムウェア選びのポイントをご紹介します。

食事・筋トレ・睡眠管理アプリ「OWN.」がおすすめ。

関連記事:コンビニのおにぎりで痩せる?!今日からできるお手軽ダイエット方法

関連記事:スポーツ用品はどこで買う?おすすめオンラインショップ7選 どこが一番安く購入できる?【価格比較】

【初心者必見】ジムへ通う時に必要なものと選び方

ジムに通い始めると、まず気になるのが服装ですよね。

トレーニングウェアは、動きやすさや通気性など、機能性が重視されます。

また、トレーニングの種類や自分の好みに合わせて選ぶことも大切です。

そこで今回は、ジムへ通う時に必要なものと選び方を紹介いたします。

必要なアイテムをチェックしよう

ジムに必要なアイテムは、大きく分けて以下の3つです。

  • トップス
  • ボトムス
  • シューズ
  • アンダーウェア
  • ソックス

必要なアイテム:トップス

トップスは、半袖Tシャツかタンクトップが基本です。

伸縮性があり、汗をかいても乾きやすい素材を選ぶと、動きやすく、快適にトレーニングを楽しむことができます。

冬場は、気温が下がるため、パーカーやジャケットを羽織る人もいますが、ジムの中は適温に保たれているので、体が温まってくれば、半袖1枚でも問題ありません。

トップスの種類と選び方

トップスは、Tシャツ、タンクトップ、シャツ、パーカーなど、さまざまな種類があります。

  • Tシャツやタンクトップは、動きやすく、汗をかいても蒸れにくく、おすすめです。
  • シャツは、カジュアルな雰囲気を出したい場合におすすめです。
  • パーカーは、寒い季節におすすめです。

トップスを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 動きやすさを重視する
  • 通気性・吸汗性のあるものを選ぶ
  • 自分の好みに合わせて選ぶ

必要なアイテム:ボトムス

ジムの服装でボトムスは、動きやすさを重視したハーフパンツが基本です。 冬場は、寒さ対策として長ズボンを選ぶ人もいますが、ジム内は一定温度に保たれているため、汗をかきやすい人はハーフパンツで十分です。

ジムに行く際は、着替えも忘れずに持参しましょう。

ボトムスの種類と選び方

ボトムスは、ショートパンツ、ロングパンツ、レギンスなど、さまざまな種類があります。

  • ショートパンツは、動きやすく、脚の動きも妨げません。
  • ロングパンツは、脚を保護したい場合におすすめです。
  • レギンスは、筋トレなどの激しい動きをする場合におすすめです。

ボトムスを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • 動きやすさを重視する
  • 通気性・吸汗性のあるものを選ぶ
  • 自分の好みに合わせて選ぶ

関連記事:ジョギングで心肺機能UP!初心者でも安心の始め方【3つのメリットとは】

関連記事:スポーツにぴったりのボクサーパンツの選び方とおすすめ商品10選

必要なアイテム:シューズ

ジム用シューズは、一般的なスニーカーとは異なり、クッション性や安定性に優れたものを選ぶことが大切です。

フィットネス向けのシューズは、クッション性や安定性に優れているため、トレーニング中の足や膝への負担を軽減し、ケガの予防に役立ちます。

また、フィットネス向けのシューズには、さまざまな種類があります。

トレーニングの種類や自分の足の形に合わせて、適切なシューズを選びましょう。

例えば、筋トレや有酸素運動などの激しい運動をする場合は、安定性のあるシューズがおすすめです。

ヨガやピラティスなどのリラックスした運動をする場合は、軽量で柔らかいシューズがおすすめです。

シューズの種類と選び方

シューズは、トレーニングの種類に合わせて選びましょう。

  • 筋トレや有酸素運動など、激しい動きをする場合は、安定性のあるシューズ(ランニングシューズ)がおすすめです。
  • ヨガやピラティスなど、リラックスした動きをする場合は、軽量で柔らかいシューズがおすすめです。

シューズを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

  • トレーニングの種類に合ったものを選ぶ
  • 自分の足に合ったものを選ぶ
  • デザイン性も考慮する

関連記事:【アディダス】 ランニングシューズADIZERO(アディゼロ)TAKUMI SEN 10おすすめ理由とは?

関連記事:【adidas SUPERNOVA RISE(アディダス スーパーノヴァ ライズ)機能・購入方法とは?】

必要なアイテム:アンダーシャツ

アンダーウェアとは、体にぴったりと密着するスポーツインナーです。

汗を吸収して体の熱を発散させたり、サポーターとして使ったりと、さまざまなメリットがあります。

例えば、筋トレや有酸素運動などの激しい運動をする際には、汗を吸収して肌をドライに保つことで、汗冷えを防ぎ、パフォーマンスを向上させることができます。

また、サポート機能のあるアンダーウェアを着用することで、筋肉のブレを抑えてケガの予防にも役立ちます。

また、通常の長ズボンだと、運動中に裾がひらひらして気になる男性もいます。

その場合は、スポーツ用のタイツを着用し、その上からハーフジャージパンツを履くなどすると、ウェアが気になることなく快適に運動することができます。

アンダーシャツの選び方

アンダーシャツの素材は、主にポリエステル、綿、混紡素材の3種類があります。

  • ポリエステルは、吸汗速乾性に優れているため、汗をかいても快適に過ごすことができます。また、丈夫で型崩れしにくいという特徴もあります。
  • 綿は、肌触りがよく、吸湿性が高いのが特徴です。しかし、汗をかくと肌にまとわりつき、蒸れやすいというデメリットがあります。
  • 紡素材は、ポリエステルと綿を組み合わせた素材です。吸汗速乾性と肌触りの良さを両立しています。

アンダーシャツを選ぶ際には、以下のポイントを押さえましょう。

機能性

サイズ

アンダーシャツには、汗を吸収する吸汗機能や、肌をドライに保つ速乾機能、体をサポートする着圧機能など、さまざまな機能が付いているものがあります。

自分の運動の目的や、体質に合わせて、必要な機能を備えたアンダーシャツを選びましょう。

必要なアイテムソックス

ジムで運動する際には、スポーツ用のソックスを着用しましょう。

スポーツソックスは、一般的な靴下よりも厚手で丈夫なため、激しい運動でも穴が空きにくく、長持ちします。

また、クッション性や吸汗速乾性に優れているため、足への負担を軽減し、快適に運動することができます。

おすすめは5本指ソックスがおすすめ。

  • 足指を自由に動かせる

5本指ソックスは、指を1本ずつ包む形状になっているため、足指を自由に動かすことができます。

そのため、バランス感覚の向上や、足の疲労軽減につながります。

  • 足の蒸れを防ぐ

5本指ソックスは、指と指の間が空いているため、汗や湿気がこもりにくく、足の蒸れを防ぐことができます。そのため、臭いやムレの防止につながります。

  • 足の血行を良くする

5本指ソックスは、足指を直接包むことで、足の血行を良くする効果が期待できます。そのため、冷え性の改善や、むくみの予防につながります。

試してみてください。

関連記事:普段でも使えるスポーツソックス(各メーカーの)おすすめを厳選してご紹介

選びにおける季節の影響

ジムに通う季節によって、選ぶウェアも変わってきます。

  • 夏場は、通気性・吸汗性に優れたウェアを選びましょう。
  • 冬場は、保温性のあるウェアを選びましょう。

サイズ選びのポイント

ウェアは、動きやすさを重視してサイズを選びましょう。

  • トップスは、身幅や肩幅がゆったりとしたものを選びましょう。
  • ボトムスは、膝を曲げたときにつっかからない長さのものを選びましょう。

素材別トレーニングウェアの機能性

トレーニングウェアを選ぶ際には、素材も重要なポイントです。

素材によって、動きやすさや吸汗性、保温性など、さまざまな機能性が異なります。

速乾性が抜群なDri-FITの魅力

Dri-FITは、ナイキが開発した吸汗速乾素材です。

汗を素早く吸収して、肌面から放散することで、汗冷えを防ぎ、快適な着心地を保ちます。

Dri-FITは、スポーツウェアに多く採用されている素材で、トレーニングウェアにもおすすめです。

特に、筋トレや有酸素運動など、激しい動きをするトレーニングをする際には、汗をかきやすいため、Dri-FIT素材のウェアを選ぶと良いでしょう。

着心地の良さがウリのテック素材

テック素材は、ポリエステルやポリウレタンなどの化学繊維を組み合わせた素材です。

伸縮性や耐久性に優れており、動きやすいのが特徴です。

また、吸汗速乾性や保温性なども備えたものもあり、機能性にも優れています。

テック素材は、トレーニングウェアだけでなく、普段着としても人気があります。

動きやすさと着心地の良さを兼ね備えた、快適なトレーニングウェアを探している方におすすめです。

人気のジムウェアブランドとその特徴

ジムに通う際には、動きやすさや機能性はもちろん、デザイン性にもこだわりたいものです。

そこで、今回は、人気のジムウェアブランドとその特徴をご紹介します。

ドメスティックブランド:アンダーアーマーとは

アンダーアーマーは、1996年にアメリカで創業したスポーツブランドです。

日本では、2004年に上陸し、瞬く間に人気ブランドとなりました。

アンダーアーマーの特徴は、独自のテクノロジーを駆使した機能性の高いウェアです。

たとえば、”UA HOVR”や”UA Rush”などのテクノロジーは、運動時のパフォーマンスを向上させる効果があるとされています。

また、アンダーアーマーのウェアは、スタイリッシュなデザインも魅力です。

シンプルなデザインから、トレンドを取り入れたデザインまで、幅広いラインナップが揃っています。

おすすめUAアンダーシャツ

おすすめUAボトムズタイツ

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

おすすめUAシューズ

ドイツ発の人気ブランド:アディダスの魅力

アディダスは、1949年にドイツで創業したスポーツブランドです。

世界中で人気を誇るブランドで、日本でも多くのファンがいます。

アディダスのジムウェアの特徴は、シンプルで洗練されたデザインです。

スポーツウェアでありながら、普段着としても使えるデザインが人気です。

また、アディダスは、ランニングやサッカーなどのスポーツウェアも充実しています。

そのため、ジムウェアだけでなく、さまざまなスポーツシーンで活躍するウェアが揃っています。

おすすめアディダスアンダーシャツ

\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

おすすめアディダスボトムズ・タイツ

ヒマラヤ楽天市場店
¥3,300 (2024/01/17 23:59時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

おすすめアディダスシューズ

ヒマラヤ楽天市場店
¥4,940 (2024/01/18 00:00時点 | 楽天市場調べ)
\最大10%ポイントアップ!/
Amazonで探す
\ポイント最大3%アップ!/
Yahooショッピングで探す

まとめ

いかがだったでしょうか?

本記事では【男性向け】ジムで快適にトレーニングするなら、服装は重要!初心者男性向けのウェア選び方をご紹介いたしました。

ジムなど行くときは、服装が重要になります。服装によっては怪我をしてしまう場合もあります。しっかりと自分のサイズを確認しましょう。

また、シューズも大切です。足が痛くなることや合わないときはシューズを正しいシューズを選びましょう。

最新情報をチェックしよう!