当サイトでは、アフェリエイト広告を利用しています。

スポーツ業界で就職をする有利になる資格・免許をまとめて紹介!

「スポーツ業界に入りたい」

「スポーツ業界に入りたいけど、どんな資格が必要!?」

「進路が迷っている、どんな資格の勉強すればスポーツ業界に入れるのだろう」

そんな方に向けて記事を書いています。私も約10年間スポーツ業界にいます。

一つでもスポーツ業界を盛り上げて記事を作成しています。

スポーツ業界で働きたいと考えている人は、資格・免許を取得しておくと就職に有利になります。

資格・免許があると、一定の知識や技能を証明でき、採用担当者に自分のスキルをアピールしやすくなります。

ここでは、スポーツ就職で有利になる資格・免許をまとめてご紹介します。

一緒にスポーツ業界を盛り上げましょう。

また、スポーツ業界の給与・待遇などをまとめた記事はこちらから

関連記事

「スポーツ業界は年収いくら!?」 「どんな職種が一番お金持ちに」 こんな悩みがある方向けに記事を書いています。 スポーツ業界は、近年ますます注目を集めており、就職を希望する人も多いでしょう。 しかし、スポー[…]

スポーツ業界の多様な職種についてはこちらの記事を参考にしてください。

関連記事

スポーツ業界は、近年ますます注目を集めている業界です。 スポーツビジネスの市場規模は拡大しており、スポーツ関連の職種は今後も需要が高まることが予想されます。 スポーツ業界で働きたいと考えている人は、どのような職種がある[…]

スポーツ業界で働くには!?必要なスキルはこちらからご覧ください

関連記事

「スポーツが好き」 「スポーツを仕事にしたい」 「スポーツ業界は安心!?」 そんな方に向けて記事を書いています。 私も約10年間スポーツ業界にいます。 スポーツ業界は、近年ますます注目を集めている業界[…]

スポーツ指導関連資格

スポーツ指導関連資格は、スポーツの指導者として働きたい人におすすめです。

代表的な資格としては、以下のものが挙げられます。

・公認スポーツ指導者(JSPO)

・ジュニアスポーツ指導員(JSPO)

・スポーツリーダー

・健康運動実践指導者(健康運動指導士)

これらの資格は、スポーツの基礎知識や指導方法を身につけることができます。

公認スポーツ指導者(JSPO)

公認スポーツ指導者(JSPO)は、日本スポーツ協会が認定する資格です。

スポーツの各競技で、初心者から競技者まで幅広い層の指導を行うことができるようになります。

ジュニアスポーツ指導員(JSPO)

ジュニアスポーツ指導員(JSPO)は、公認スポーツ指導者の下位資格です。

小学生や中学生を対象としたスポーツ指導を行うことができます。

スポーツリーダー

スポーツリーダーは、公益財団法人日本スポーツ振興センターが認定する資格です。

スポーツの楽しさを伝える指導者を目指す人におすすめです。

健康運動実践指導者(健康運動指導士)

健康運動実践指導者(健康運動指導士)は、日本体育協会が認定する資格です。

健康づくりや運動指導に関する知識と技能を身につけることができます。

スポーツビジネス関連資格

スポーツビジネス関連資格は、スポーツビジネスの分野で働きたい人におすすめです。代表的な資格としては、以下のものが挙げられます。

・スポーツビジネス検定(公益財団法人日本スポーツ振興センター)

・スポーツマネジメントスペシャリスト(日本スポーツマネジメント協会)

・スポーツマーケティング検定(一般社団法人日本スポーツビジネス協会)

これらの資格は、スポーツビジネスの基礎知識や実務スキルを身につけることができます。

スポーツビジネス検定(公益財団法人日本スポーツ振興センター)

スポーツビジネス検定は、公益財団法人日本スポーツ振興センターが実施する資格です。

スポーツビジネスに関する基礎知識を身につけることができます。

スポーツマネジメントスペシャリスト(日本スポーツマネジメント協会)

スポーツマネジメントスペシャリストは、日本スポーツマネジメント協会が認定する資格です。

スポーツビジネスの経営戦略や運営に関する知識と技能を身につけることができます。

スポーツマーケティング検定(一般社団法人日本スポーツビジネス協会)

スポーツマーケティング検定は、一般社団法人日本スポーツビジネス協会が実施する資格です。

スポーツビジネスにおけるマーケティングに関する知識を身につけることができます。

スポーツ医療関連資格

スポーツ医療関連資格は、スポーツ選手の健康管理やケアに携わりたい人におすすめです。

代表的な資格としては、以下のものが挙げられます。

・柔道整復師

・理学療法士

・作業療法士

・鍼灸師

これらの資格は、スポーツ選手のケガや障害の治療・予防に関する知識や技術を身につけることができます。

柔道整復師

柔道整復師は、骨折や脱臼、打撲などの外傷や、捻挫や筋肉損傷などの運動器の障害を治療する医療専門職です。

理学療法士

理学療法士は、病気やけがによって身体に障害を抱えた人の身体機能の回復や維持、生活の質の向上を図る医療専門職です。

作業療法士

作業療法士は、病気やけがによって日常生活や社会生活に支障をきたしている人の、日常生活動作の向上や社会参加の促進を図る医療専門職です。

鍼灸師

鍼灸師は、鍼と灸を用いて、病気の治療や予防、健康の増進を行う医療専門職です。

鍼は、細い針を皮膚に刺して刺激を与える方法です。灸は、もぐさなどの熱をツボに当てて刺激を与える方法です。

その他の資格・免許

スポーツ業界には、他にもさまざまな資格・免許があります。

例えば、以下のような資格もスポーツ就職に有利になる可能性があります。

・英語力

・パソコンスキル

・簿記・会計

・コミュニケーション能力

英語力

スポーツ選手や関係者が世界中から集まる国際大会やイベントでは、英語がコミュニケーションの共通言語となります。

また、スポーツビジネスの分野では、海外の企業や団体と取引を行う機会も多く、英語力は欠かせません。

スポーツ業界で働くためには、英語力は必須と言えるでしょう。

パソコンスキル

スポーツ業界の仕事でも、パソコンスキルは必要です。

表計算やプレゼンテーションソフトなどのスキルを身につけておくとよいでしょう。

簿記・会計

スポーツビジネスの分野で働きたい人は、簿記や会計の知識があると有利になります。

コミュニケーション能力

スポーツ業界は、人との関わりが重要な業界です。コミュニケーション能力を身につけておくと、仕事に役立ちます。

資格・免許を取得するメリット

資格・免許を取得することで、以下のようなメリットがあります。

・就職活動で有利になる

・仕事に必要な知識やスキルを身につけることができる

・キャリアアップにつながる

資格・免許を取得しておくことで、スポーツ業界での就職や活躍の可能性が広がります。

資格・免許を取得する方法

資格・免許を取得するには、以下の方法があります。

・独学で勉強する

・通信講座を受講する

・専門学校や大学で学ぶ

独学で勉強する場合は、参考書やインターネットなどを活用して学習します。

通信講座を受講する場合は、テキストや動画、添削指導などのサポートを受けながら学習することができます。

専門学校や大学で学ぶ場合は、実技や実習も含めて学習することができます。

自分の学習スタイルや予算に合わせて、適切な方法を選びましょう。

まとめ

スポーツ就職を目指す人は、資格・免許を取得しておくと就職に有利になります。

資格・免許を取得することで、一定の知識やスキルを証明でき、採用担当者に自分のスキルをアピールしやすくなります。

スポーツ業界には、さまざまな資格・免許があります。

自分の目指す職種や働き方に合わせて、適切な資格・免許を取得するようにしましょう。

資格・免許取得の注意点

資格・免許を取得する際には、以下の点に注意しましょう。

・自分の目指す職種や働き方に合った資格・免許を選ぶ

・資格・免許の難易度や取得までにかかる時間を把握する

・資格・免許の更新制度がある場合は、更新時期を把握しておく

また、資格・免許を取得したからといって、必ずしも就職に有利になるとは限りません。

資格・免許を取得した後は、資格・免許を活かした活動や実績を積むことで、就職の成功率を高めることができます。

資格・免許取得のおすすめのタイミング

資格・免許を取得するタイミングは、以下の3つが考えられます。

・学生のうちに取得する

・新卒で就職する前に取得する

・社会人になってから取得する

学生のうちに取得しておくと、就職活動で有利になります。

また、新卒で就職する前に取得しておくと、入社後にすぐに仕事に活かすことができます。

社会人になってから取得する場合は、仕事で培った経験やスキルを活かして学習を進めることができます。

自分の状況や目標に合わせて、適切なタイミングで資格・免許を取得するようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!